コートハウスとは?コートハウスにした後悔例やデメリットもご紹介! | 株式会社 八幡
コートハウスとは?コートハウスにした後悔例やデメリットもご紹介!
DATE 2023.12.27

コートハウスとは?コートハウスにした後悔例やデメリットもご紹介!

コートハウスの最大の特徴は、家の中央や側面に設けられた中庭です。この中庭は、自然光を室内に取り入れる役割を果たし、開放感や明るさを提供します。

コートハウスとは?

コートハウスとは、中庭を中心にした住宅の形式を指します。中庭を囲むようにして部屋が配置され、プライバシーの保護や独立した空間を提供することが特徴です。自然光の取り入れや風通しの良さ、屋外空間の有効活用が魅力の一つとされています。

コートハウスのメリット

コートハウスの大きなメリットは、中庭を通じて自然とのつながりを感じられることです。中庭は家族の憩いの場所となるだけでなく、自然光や風を室内に取り込むことで、明るく快適な生活空間を実現します。また、プライバシーが守られる設計は、都市部での密集した住環境においても、静かで落ち着いた生活を送ることができます。

コートハウスにした後悔例

一方で、コートハウスを選んだことに対する後悔例も存在します。一つの例として、中庭の維持管理が挙げられます。中庭の植物や設備の手入れには、思った以上に時間と労力が必要となることがあります。また、予想外の虫の発生や、中庭を通じた過度の日差しによる室内の過熱など、生活上の不便さを感じるケースもあります。

コートハウスのデメリット

コートハウスにはいくつかのデメリットも存在します。まず、建設コストが高くなる傾向があります。中庭を取り囲むような構造は、一般的な住宅設計に比べて複雑であり、それがコスト増につながることがあります。また、中庭に面する部屋が多い設計は、プライバシーの面で不安を感じることもあります。さらに、限られた敷地面積の中で中庭を設けると、居住空間が狭くなることがあるのもデメリットの一つです。

コートハウスを選ぶ際のポイント

コートハウスを選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。まず、中庭の維持管理にかかる労力とコストを見積もります。また、自然光や風の流れ、プライバシーの保護について、設計段階でしっかりと検討する必要があります。さらに、中庭を取り囲む部屋の配置やサイズについても、生活スタイルに合わせて検討することが望ましいです。

コートハウスは自然とのつながりを実現する魅力的な住宅スタイル

コートハウスは、中庭を中心にしたユニークな設計により、自然とのつながりやプライバシーの保護を実現する魅力的な住宅スタイルです。しかし、維持管理の手間や建設コストなどのデメリットも理解しておく必要があります。これらの点を十分に検討し、自身のライフスタイルや予算に合った選択をすることが重要です。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

シンプルな玄関ドアの家

多方向から光を取り入れるLDKの家

ちょっと変わった収納スペースのある家

自分時間を大切にできる空間、ヌックのあるお家

色を楽しみ、色を感じる家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27