注文住宅で窓用シャッターでの後悔はある?対策方法も含めてご紹介! | 株式会社 八幡
注文住宅で窓用シャッターでの後悔はある?対策方法も含めてご紹介!
DATE 2023.11.25

注文住宅で窓用シャッターでの後悔はある?対策方法も含めてご紹介!

注文住宅を建てる際に、窓にシャッターを設置するかどうかを悩まれる方は少なくありません。窓用シャッターは窓の数だけ費用が高くなるので、そもそも設置するかしないかの決断が予算に左右されます。
最近では窓用のシャッターを設置しない家もありますが、窓用のシャッターにはどのようなメリットがあるかみていきましょう。

窓用シャッターのメリットとは?

安全性の向上

シャッターは侵入者からの保護を提供し、家を安全な場所にします。窓ガラスを破られるリスクも軽減します。

断熱効果

シャッターは家の断熱性を向上させ、冷暖房効率を高めます。これにより、エネルギーコストの削減にもつながります。

プライバシーの保護

シャッターを閉じることで、外部からの視線を遮断し、プライバシーを守ることができます。

騒音軽減

シャッターは外部の騒音を遮断し、家の中を静かな環境に保つのに役立ちます。都市部などで特に有効です。

では、窓用シャッターのデメリットとは?

窓用シャッターのメリットをご紹介してきましたが、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
設置を検討する際にはこのデメリットもしっかりと認識した上で比較検討してみてください。

初期費用とメンテナンス費用

シャッターの設置には高額な初期投資が必要で、定期的なメンテナンスも必要になるため、維持費用がかかります。特に高品質な材料を使用する場合や、特殊な機能を備えたシャッターを選ぶと、さらにコストが増加します。長期的に見れば、これらのコストは無視できない要素となり得ます。

外観への影響

シャッターは家の外観に大きな影響を与えます。デザインが家のスタイルと合わない場合、外見の調和を損なう恐れがあります。また、色褪せや劣化が目立つようになると、家全体の見栄えに悪影響を及ぼす可能性があります。

操作の不便さ

手動式のシャッターは、開閉に手間がかかり、特に大きな窓の場合はその操作が困難になることがあります。電動式であっても、故障時の修理やメンテナンスが必要になることがあり、その際にはシャッターの使用が一時的にできなくなる可能性があります。

緊急時のリスク

地震や火事などの緊急時には、シャッターが避難の妨げになる可能性があります。特に電源が失われた場合、シャッターを素早く開けることができず、避難経路が制限されることが懸念されます。このため、安全面でのリスクが増加することも考慮する必要があります。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

シンプルな玄関ドアの家

モノクロな室内と屋上のある家

天井までこだわりぬいた家

L型キッチンのある家

洋風な白い家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18