シューズクローク(シューズインクローゼット)での後悔したこととは?間取りや扉など気を付けるポイントもご紹介! | 株式会社 八幡
シューズクローク(シューズインクローゼット)での後悔したこととは?間取りや扉など気を付けるポイントもご紹介!
DATE 2023.09.08

シューズクローク(シューズインクローゼット)での後悔したこととは?間取りや扉など気を付けるポイントもご紹介!

近年、住宅やビルのデザインにおいてシューズクロークという収納スペースが人気を集めています。しかし、このような新しい取り組みには、予期しない問題点が見えてくることもあるのです。以下に、シューズクロークを設けたことによる後悔した実例を紹介します。

スペースの無駄遣い

シューズクロークを設置することで、その分のスペースが消費されます。特に狭い空間の住宅では、そのスペースを他の用途に活用したかったという声も。例えば、収納やリビングの広さを優先したい場合、シューズクロークは逆に邪魔に感じることも。

換気不足

シューズクロークは閉鎖的な空間であるため、しっかりとした換気が行われないことが多い。その結果、中には湿気や臭いがこもりやすくなります。これが原因で、靴がカビる、臭いがこもる、という問題が発生することも。

使い勝手の悪さ

デザインを重視してシューズクロークを作ると、収納スペースが不足する、取り出しにくいといった使い勝手の悪さを感じることがある。特に日常的に使用する靴を取り出しやすい位置に置かないと、毎日の生活が煩わしく感じることも。

見た目の問題

一見スタイリッシュに見えるシューズクロークも、靴が増えてくると収納がパンパンになり、結果として乱雑な印象を受けることが。美しいデザインを維持するためには、定期的な整理整頓が必要となり、その手間を考えると、シンプルな靴箱の方が良かったと思う人もいる。

コストの問題

シューズクロークの設置は、新たな収納スペースを設けるためのコストがかかります。後から考えると、その分のコストを他の部分に投資したかったと感じる場合も。

シューズクロークは、デザインや収納面での利点がありますが、上記のような問題点も無視できません。設置を考える際は、自分のライフスタイルや住まいの条件をしっかりと考慮し、後悔しない選択をすることが大切です。

事前にしっかりとした計画を立てて設けましょう!

シューズクロークを設けることで後悔するポイントは事前に担当者としっかりと計画することで未然に防ぐことができ、さらには家の中でも重要なスペースとして様々なメリットを感じることができます。

玄関のスッキリ感

シューズクロークの最大の魅力は、玄関周辺のスペースをスッキリさせることができる点です。靴箱やシューズラックを無くすことで、玄関が広く感じられ、来客時の印象も良くなります。

靴の保管状態の向上

シューズクロークは、靴を保管するために最適化された収納空間です。適切な換気や湿度管理ができるため、靴が長持ちし、カビや変色を防ぐことが可能です。

季節ごとの整理が容易

季節の変わり目に合わせて、使わない靴を奥へしまい、使う靴を手前に取り出す。このような整理が、シューズクロークの使いやすさを活かして行いやすくなります。

デザイン性の向上

シューズクロークを設置することで、玄関や廊下のデザイン性が向上します。靴を隠すことで、統一感のあるインテリアを実現できるのです。

家族のライフスタイルに合わせたカスタマイズ

シューズクロークは、家族の人数やライフスタイルに合わせてカスタマイズが可能です。子供の靴やスポーツ用の靴など、種類やサイズごとに収納スペースを設計することができます。

靴の出し入れの効率化

日常的に使用する靴を前に、滅多に履かない靴を奥にしまうことで、出し入れの頻度や手間を減少させることができます。

安全性の向上

シューズクロークを利用することで、玄関に靴が散乱することを防ぎ、転倒のリスクを低減します。特に小さな子供や高齢者がいる家庭では、安全性の向上が大きなメリットとなるでしょう。

シューズクロークは、住宅の快適性やデザイン性を向上させるだけでなく、日常生活の効率化や安全性の確保にも寄与します。設置を検討している方は、これらの成功事例を参考に、自分のライフスタイルや家族のニーズに合わせたシューズクロークを選ぶことで、後悔のない選択をすることができるでしょう。

トレンドのシューズクロークをおしゃれに取り入れよう!

いかがでしたでしょうか?シューズクロークには注意するポイントもありますが、賢く利用することで生活はとても豊かになります。ぜひ理想のマイホーム計画の中にシューズクローゼットを取り入れてみてはいかがでしょうか?




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

和を楽しむ家

カウンターキッチンのある家

素敵なクロスをつかったお家

白を中心とした開放感のある家

梁がオシャレな家

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28