外張り断熱はデメリットある?その真価は?メリットとデメリットを詳細解説! | 株式会社 八幡
外張り断熱はデメリットある?その真価は?メリットとデメリットを詳細解説!
DATE 2023.05.23

外張り断熱はデメリットある?その真価は?メリットとデメリットを詳細解説!

住宅の断熱性能を向上させるために、外張り断熱という方法があります。外張り断熱は、その名の通り、建物の外側全体に断熱材を張りつける方式を指します。この方式は、エネルギー効率の向上、快適な居住空間の提供といった多くのメリットを持つ一方で、一部のデメリットも存在します。今回の記事では、外張り断熱のメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

外張り断熱のメリット

高い断熱性能

外張り断熱は、建物の壁全体を包み込むように断熱材を設置するため、熱の侵入・逃げを効果的に防ぎます。これにより、冬は暖かさを逃がさず、夏は外部の熱を遮断することができ、年間を通して室温を一定に保つことが可能になります。

結露・カビの防止

建物の壁内に発生しやすい結露やカビの問題を、外張り断熱は大幅に減少させます。壁内の温度差が小さくなるため、結露が発生しにくくなり、それによってカビが生じるリスクも低減します。

エネルギー効率の向上

外張り断熱は、冷暖房費の節約に寄与します。断熱性能が高まることで、冷暖房の効率が向上し、その結果としてエネルギー消費量が抑えられます。

外張り断熱のデメリット

初期投資コスト

外張り断熱は、内張り断熱や中空断熱に比べて、初期投資が高くなる傾向にあります。断熱材の面積が大きくなるため、その分コストが増えます。

施工の難易度

外張り断熱は、施工が比較的複雑です。断熱材を壁全体に均一に配置し、熱橋を極力減らすためには、高い技術と経験が求められます。

メンテナンスの必要性

外張り断熱は、外部からの影響(雨漏り、害虫の侵入など)を直接受けるため、定期的なメンテナンスが必要となります。

メリットとデメリットを理解をして検討を!

外張り断熱にはメリットとデメリットが存在しますが、長期的な視点で考えると、高い断熱性能やエネルギー効率の向上によるランニングコストの節約が期待できます。

ただし、初期投資やメンテナンスについては、十分な検討が必要です。住宅の計画や設計段階で、専門家としっかりと相談し、自身のライフスタイルや予算に合った最適な選択をすることが重要です。

初期コストを考慮するなら補助金(「東京ゼロエミ住宅」)の利用を!

「東京ゼロエミ住宅」は、東京都が推進している住宅エネルギー消費削減の取り組みで、太陽光発電システムなどを併用して住宅の年間エネルギー消費量を大幅に削減、あるいはゼロに近づけることを目指しています。これを実現するため、新築または改修を行う住宅に対し、東京都から補助金が出る制度があります。

最高水準の「水準3」で210万円の助成を!

東京ゼロエミ住宅の補助金に3つの水準があり、その中の最高の水準3に認定されると1戸あたり210万円の助成が得られます。
このようにコストを安く抑えて性能を落とすのではなく、性能をあげることで助成金の金額を多くしてより良い家を建てることを心がけましょう。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

アイディアの詰まった収納豊富なお家

自分時間を大切にできる空間、ヌックのあるお家

アーチと暮らす温かみのある家

色を楽しみ、色を感じる家

シックな色使いと天井高の明るい家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27