狭小住宅は後悔してしまう?その理由と対策を解説します! | 株式会社 八幡
狭小住宅は後悔してしまう?その理由と対策を解説します!
DATE 2023.03.02

狭小住宅は後悔してしまう?その理由と対策を解説します!

狭小住宅は、土地の価格が高騰している都市部などで需要が高まっています。また、単身者や夫婦など、一人暮らしをする人にとって、手ごろな価格で住宅を購入できることが魅力的です。
しかし、その特性を事前に理解しておかないと、建てた後に後悔をしてしまう、ということにも繋がりかねません。
そこで今回は、狭小住宅での後悔にはどのようなものがあるか、そしてそれに対処する方法をご紹介します!

狭小住宅ってどんな家?

狭小住宅とは、建築基準法で定められた最低限の敷地面積に満たない土地に建てられた住宅のことを指します。日本の場合、狭小地や細長い土地などに建てられることが多く、敷地面積が20平方メートル未満の場合、狭小住宅とみなされます。

では、そのような狭小住宅で住んだ時にどのような後悔があるのでしょうか?よくある事例をご紹介します。

関連記事

狭小住宅の後悔って何がある?

近年、単身者や夫婦などの間で人気が出てきている狭小住宅ですが、この住宅形式にはいくつか特長があり、それぞ事前に理解しておく必要があります。
また、対策も事前に行うことでリスクを軽減することも可能です。

狭いスペース

狭小住宅に住むことで、リビングルームや寝室、キッチンなど、部屋の広さが限られてしまいます。家族やペットが多い場合は、スペース不足がさらに顕著になることがあります。

収納スペースの不足

狭小住宅では、収納スペースが限られていることが多く、物を収納する場所に悩むことがあります。特に、季節ごとの衣服やアウトドア用品など、大きなアイテムをしまう場所がないことが問題になることがあります。

騒音

狭小住宅は、隣人や道路からの騒音が比較的大きく響きます。また、家族の中でも、個室が限られているため、音が漏れやすく、プライバシーが守れないことがあります。

居住条件の制限

狭小住宅に住む場合、家具や家電製品のサイズに制限があるため、自由にインテリアを楽しむことができない場合があります。また、家庭菜園やペットを飼うなど、趣味やライフスタイルに制限があることもあります。

以上が、狭小住宅に住んだ場合の一般的な後悔のポイントです。ただし、住宅の価格や立地条件、家族構成やライフスタイルなど、個人の事情によって、後悔する点は異なるかもしれません。

狭小住宅で後悔しないための対処法

では、前述のような後悔をしないためには、建築検討段階、または建築後にどのような工夫をすることが必要かご紹介いたします。

建物のレイアウトを最適化する

狭小住宅では、限られたスペースを最大限に活用するために、建物のレイアウトを最適化する必要があります。例えば、開放的なリビングスペースとキッチンを設計し、部屋ごとに壁を取り払うことで、より広々とした空間を作り出すことができます。

天井を高くする

狭小住宅では、天井を高くすることで、より広がりを持たせることができます。また、高い天井は自然光が入りやすく、空間を明るく開放的に感じさせることができます。

収納スペースを最大化する

限られたスペースを最大限に活用するために、収納スペースを工夫する必要があります。例えば、ベッド下に引き出しをつけたり、壁面に収納を設置することで、スペースを確保することができます。

外部空間を活用する

狭小住宅では、外部空間を有効活用することで、室内空間を広げることができます。例えば、バルコニーやテラスを設けることで、屋内よりも広々とした空間を作り出すことができます。

家具や家電を選ぶ

狭小住宅では、家具や家電の選び方も重要です。例えば、コンパクトな家具や多機能家電を選ぶことで、スペースを有効に使うことができます。

以上のように、建築検討段階の項目に関しては担当者にこの内容を伝えて相談をしてみましょう!
もちろん、建築後という方も後半の項目のような工夫をすることでストレスなども軽減できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回ご紹介したように、狭小住宅には、限られたスペースの中で生活しなければならないという制約があります。そのため、家具や家電製品のサイズや収納スペースの確保、プライバシーの確保など、様々な問題に直面することがあります。
ですが、一方で、小型で機能的な住宅設計や、収納スペースを工夫した狭小住宅など、ライフスタイルに合わせた住宅の提供も増えています。狭小住宅に住むことで、必要最小限のもので生活することができ、シンプルで快適な生活を送ることができるというメリットもあるので、ぜひ今回の対処法なども含めて理想の家づくりを計画してみてはいかがでしょうか?




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

明るい玄関の家

H会計事務所様

ナチュラルカラーで落ち着く暮らしやすい家

日の当たる、どの世代も過ごしやすい家

無駄のない間取りの2階リビングのお家

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28