日当たりが悪い家の後悔とは?その対策も合わせて知りたい! | 株式会社 八幡
日当たりが悪い家の後悔とは?その対策も合わせて知りたい!
DATE 2023.02.20

日当たりが悪い家の後悔とは?その対策も合わせて知りたい!

日当たりが悪い家を建てたことで後悔をしたという話を聞いたことはありますか?
家づくりを考える上で間取りなどのプランと同じくらい重要なものが「日当たり」です。日当たりが悪い家を建てると人体に与える影響もあるので事前に確認をしておきましょう。

日当たりが悪い家が人体に与える影響とは?

日光は人間の体調に深く関係しているので、日当たりの悪い土地で家を建てた場合に様々な影響がでる場合があります。

心理的な影響

日光は、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の分泌を促し、気分を改善する効果があります。日当たりが悪い家に住んでいると、気分が落ち込みやすくなったり、ストレスが増えたりする可能性があります。

身体的な影響

日光はビタミンDの生成に必要なため、日当たりが悪い家に住んでいると、ビタミンDの不足になる可能性があります。ビタミンDの不足は、骨粗鬆症や免疫力の低下などの健康上の問題を引き起こす可能性があります。

環境的な影響

日当たりが悪い家は、湿度が高くなりやすく、カビやダニの発生のリスクが高くなる可能性があります。これらのアレルギー物質によって、呼吸器系や皮膚に影響を与える可能性があります。

そのため、健康的な住環境を維持するためには、日当たりの良い家を選ぶか、日光を取り込むための工夫をする必要があります。例えば、窓を大きくする、庭やバルコニーに植物を置く、白い壁を選ぶなどが挙げられます。

日当たりが悪い土地で家を建てる場合の対処方法は?

では、日当たりが良くない土地で家を建てる場合にはどのような工夫をすることで健康面や住環境を向上させることができるのでしょうか?

窓を大きくする

窓を大きくすることで、少しでも日光を取り込むことができます。また、窓の配置も重要で、南向きの窓を多く設けることで、より多くの日光を取り込むことができます。

光を反射する材料を使用する

白い壁や床など、光を反射する材料を使用することで、日光の反射によって室内が明るくなることがあります。

屋内の照明を工夫する

自然光が十分に取り込めない場合は、照明の配置や明るさを工夫することで、室内を明るくすることができます。

庭やバルコニーに植物を置く

植物には、日光を浴びて生長するための光合成が必要なため、日光をより多く取り込むことができます。

周囲の建物や樹木を剪定する

周囲の建物や樹木が日光を遮っている場合は、剪定することで日光を取り込むことができます。

これらの対処方法を組み合わせることで、日当たりの悪い土地でも、健康的な住環境を維持することができます。しかし、日光の取り込みが困難な場合は、健康上のリスクを考慮して、日当たりの良い土地での建築を検討することも重要です。

地場に詳しい工務店や不動産会社で土地を探しましょう

日当たりなどの土地の条件などに関しては、その地域で長く建築をしている工務店や地場の不動産会社で土地探しをすることをおすすめします。
図面だけでは分からない自然影響なども知っていたりするので土地探しから始める方は一度検討してみてください。

関連記事




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

シンプルの中の深み、収納棚の多い家

I様邸

アーチと暮らす温かみのある家

内装のダークブラウンが映える家

多方向から光を取り入れるLDKの家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18