【住宅ローン控除改正】住宅ローン控除の制度自体が4年間期間延長され、 令和7年(2025年)までの適用となりました。 | 株式会社 八幡
【住宅ローン控除改正】住宅ローン控除の制度自体が4年間期間延長され、 令和7年(2025年)までの適用となりました。
DATE 2022.03.21

【住宅ローン控除改正】住宅ローン控除の制度自体が4年間期間延長され、 令和7年(2025年)までの適用となりました。

2022年住宅ローン控除改正で何が変わるかご存じですか?

・4年間期間延長で2025年まで適用!

住宅ローン控除の制度自体が4年間期間延長され、令和7年(2025年)までの適用となりました。

・控除率1%から0.7%へ変更!

控除率が1%から0.7%に変更になりました。この控除率は新築、中古住宅共通です。
住宅ローン控除は納めた所得税から年末の住宅ローン残高×控除率の分が戻る制度です。

つまり、年末の住宅ローン残高が3000万円
(上限額内で)あれば最大で0.7%分の21万円が
戻ってくる計算となります。

・控除期間が新築住宅は13年、中古住宅は10年に変更!

新築住宅、買取再販の住宅は控除期間が10年から13年に延長されました。
1点注意したいのが2024年以降の一般の新築住宅や買取再販の住宅。認定住宅などの環境性能などに配慮した住宅が13年間の控除期間があることに対し、”一般の”新築住宅は2024年以降の入居から10年間となります。

・借入限度額が変更!

~2021年までの借入限度額から変更されました。

・所得要件が年収3000万円以下から

2000万円以下に引き下がりました。
住宅ローン控除が適用できる年間の所得が3000万円以下から2000万円以下に変更されました。

・床面積要件が50㎡から40㎡へ緩和。

新築住宅の床面積要件が50㎡から40㎡へと緩和されてました。

・その他にも様々な制度変更が!

その他にも「中古住宅の築年数要件緩和」や「住宅取得資金の贈与税の非課税措置継続」なども。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

A様邸

ユニバーサルデザインに優れた家

K様邸

秘密基地のようなワークスペースがあるお家

2階リビングの情景にこだわったお家

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28