【いったい何が違うの? Vol.7・サッシの素材】 | 株式会社 八幡
【いったい何が違うの? Vol.7・サッシの素材】
DATE 2021.12.06

【いったい何が違うの? Vol.7・サッシの素材】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

窓ガラスを支えるサッシ。その素材まで気を配る人は少ないかもしれませんが、サッシにこだわることで意外に快適な住まいにつながるんです。

昔はアルミ素材のみでしたが、いまでは樹脂、その両方を使うハイブリッドと、選択肢も広がっています。

今回はそれぞれの素材の特徴について簡単にご紹介いたします。

 

<アルミ>

金属であるアルミは、強度が強いのが特徴です。ただし熱を伝えやすいため、暑さ寒さには非常に弱いというデメリットがあります。

 

<樹脂>

プラスチックに代表される樹脂は、熱が伝わりにくいので断熱性能が非常に高く住宅の快適性が増します。しかし強度を保つためにフレームが太くなり窓ガラスの面積は少し小さくなってしまうデメリットもあります。

 

またプラスチックは、洗濯ばさみのように屋外で日光を浴び、ボロボロになるイメージがありますが、サッシに使う樹脂はそれとは全く異なります。耐久性が高いので、安心です。

 

 

<ハイブリッド>

家の外側にアルミ内側に樹脂を使うハイブリッドタイプは、強度をしっかり保つことが可能。フレームを細くできるためガラス面積を大きくでき、美観や眺望にすぐれます。また熱を伝えにくいため、家の快適性が増すというメリットもあります。

 

ハイブリッドの性能は樹脂より劣ってしまいますが、近年では樹脂並みの性能を持つものが出ているなど、ラインナップが豊富です。

 

※画像はLIXILのホームページより引用




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

Sヘアーサロン様

階段がコンパクトの家

対面キッチンでお料理が楽しくなる家

シンプルの中の深み、収納棚の多い家

広々とした2階リビングのロフトのあるお家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18