【木のことを知る Vol.13・桜】 | 株式会社 八幡
【木のことを知る Vol.13・桜】
DATE 2021.11.25

【木のことを知る Vol.13・桜】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

 

12月に入りましたね。これから冬本番を迎えますが、今日は桜の木についてお伝えいたします。ただお花見用としてではなく、建築材としての桜を考えてみます。

 

桜の木は300種類以上あるそうですが、私たちがよく耳にするのが「ソメイヨシノ」ではないでしょうか。
このソメイヨシノは育ちが早いため幹のなかに空洞ができやすく、木材として利用することは難しいようです。

 

それに対し、木材としてよく用いられているのが「ヤマザクラ」という品種です。
ほかの種類と区別するため「本桜とも呼ばれるヤマザクラは、堅すぎず柔らかすぎないのが特徴。加工がしやすいため、古くからさまざまなものに利用されてきました。

 

たとえば和菓子の型、浮世絵の版木(はんぎ)などもヤマザクラがよいとされてきました。加工がしやすいだけでなく、彫った部分がつぶれにくく表面がなめらかなので、版木に適しているのだそうです。

 

そんなヤマザクラはきめが細かく、肌ざわりがいいのが魅力。さわる度に、心地よい感触が得られます。また色合いは淡く、品があって、桜の花のような美しさがあります。フローリングに使用すれば、快適に過ごせるだけでなく、お部屋を優雅に彩ってくれるでしょう。

 

※画像はマルホンのホームページより引用

 



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

白の金属サイディングに木目が映える北欧スタイルのお家

I様邸

黒と白のコントラスト、吹抜けの光が旋律を奏でる家

スロープで生活が安心できる家

収納スペースをふんだんに採り入れた平屋のお家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27