【ウォークスルークローゼットという選択】 | 株式会社 八幡
【ウォークスルークローゼットという選択】
DATE 2021.10.14

【ウォークスルークローゼットという選択】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

 

「ウォーク〝イン〟クローゼット」はよく耳にすると思いますが、「ウォーク〝スルー〟クローゼット」という言葉はまだメジャーではないかもしれません。

ウォークスルークローゼットとは出入り口が2つあるのが特徴で、いわば「通り抜けられるクローゼット」なんです。

 

たとえば玄関からリビングへ向かう動線にウォークスルークローゼットを導入すれば、コートをクローゼットに掛け、部屋着に着替えてからリビングに抜けることが可能。オンとオフのモードを、手軽に切り替えることができます。また、花粉やウイルスを居住空間に持ち込まない、といった意味でも有効です。

 

 

さらに光や風も通り抜ける」ため、採光性や通気性が高いといったメリットもあります。広めの収納スペースを確保しながらも、明るく過ごせたり、衣類などがカビにくかったりというのはうれしいですよね。

 

しかもアパレルショップのように、見せる収納となるのも魅力です。

 

人が中に入れるウォークインクローゼットは使い勝手がいいですが、それほど十分なスペースが確保できない場合には、ウォークスルークローゼットを検討してみてもいいかもしれません。

 

取り入れ方次第で、生活が何倍もスマートかつオシャレに変わるウォークスルークローゼット。これからますます注目を集めそうな間取りは、八幡としても施工実績がございます。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

シックなデザイン空間を楽しむ家

黒と白のコントラスト、吹抜けの光が旋律を奏でる家

梁による近未来感、異世界間を演出した家

廊下と階段で各部屋を見渡す家

リビングとバルコニーが一体化する、全開口サッシのあるお家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18