【いったい何が違うの? Vol.6・軸組と2×4工法】 | 株式会社 八幡
【いったい何が違うの? Vol.6・軸組と2×4工法】
DATE 2021.10.07

【いったい何が違うの? Vol.6・軸組と2×4工法】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

 

家をどうやって建てるのか。その方法のことを「工法」といい、いくつか種類があります。今回は一般的な工法である「軸組工法」と「ツーバイフォー(2×4)工法」の違いをお伝えいたします。

 

<軸組工法とは・・・>

柱を立てて、梁を渡す日本古来の伝統的な工法で、柱と柱などが交差する「点」を結ぶようにして空間を生み出します。強度を補強するために、「筋交い」という斜めの材を入れることもあります。

 

<ツーバイフォー工法とは・・・>

2インチ×4インチの角材を組み合わせた、パネルでつくる工法で、6面体の「モノコック構造」がベースになります。この工法は戦後、北米から輸入されました。

 

2つの工法は、「骨組みで建物を支えるか」または「床・壁・屋根という6面で建物を支えるか」という点が、大きく違います。

今度はメリットとデメリットについてみてみましょう。

 

軸組工法のメリット・デメリット

○メリット
・自由度が高い
・開口部を大きく取りやすい
・リフォームがしやすい

×デメリット
・耐震性がツーバイフォーよりもやや低い
・大工には熟練の技術や知識が求められる

 

ツーバイフォー工法のメリット・デメリット

○メリット
・耐震性が軸組工法よりも高い
・マニュアル化されているので比較的簡単に建てられる

×デメリット
・自由度が軸組工法よりも低い
・大開口の窓や大空間の間取りをつくりにくい
・リフォームがしにくい

 

それぞれ得意不得意がありますので、目的や好みに合わせて選ぶことが重要です。

ちなみに最近では両者のいいとこ取りをしたハイブリッド型(モノコック構造)の工法が開発され、当社でも採用しております。ハイブリッド型であれば、自由度も耐震性も高い家づくりが可能となります。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

アイディアの詰まった収納豊富なお家

三階建てのような二階建ての家

シンプルの中の深み、収納棚の多い家

横長窓から光の差し込む家

洋風な白い家

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28