【いったい何が違うの? Vol.5・床断熱、基礎断熱】 | 株式会社 八幡
【いったい何が違うの? Vol.5・床断熱、基礎断熱】
DATE 2021.09.30

【いったい何が違うの? Vol.5・床断熱、基礎断熱】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

これから秋本番を迎え、段々と寒さが増すと気になるのが、お部屋の断熱性ではないでしょうか。そこで今回の「いったい何が違うの?」シリーズでは、「断熱」を取り上げてみたいと思います。

 

床下の断熱には大きくわけて「床断熱」と「基礎断熱」の2つがあります。違いは、どこに断熱材を設けるか」です。わかりやすいよう、箇条書きでご紹介いたします。

 

<床断熱とは>

床断熱とは、床のすぐ下に断熱材を敷き詰める断熱方法のことを指します。「床下は部屋の外と考えるのが特徴です。

 

<基礎断熱とは>

基礎部分を断熱材で覆うのが基礎断熱です。「床下も部屋の内部と捉えるのが特徴です。

 

それぞれメリットとデメリットがありますので、みてみましょう。

 

床断熱のメリットとデメリット

○メリット

・シロアリリスクが少ない

→基礎と床下の間には空気が循環。湿気がたまりにくいため、シロアリ対策に有効

×デメリット

・気密性の確保が難しい

→品質は安定しているものの丁寧な施工をしないとすき間が発生。職人の技術が要求される

・外気の影響を受けやすい

 →冬場は基礎コンクリートが外気で冷やされ、床が冷たくなりやすいほか、夏場は暖かく湿った空気によって結露を起こす可能性がある

 

基礎断熱のメリットとデメリット

○メリット

・気密性を確保しやすい

→床断熱に比べると気密性を確保しやすい

×デメリット

・シロアリリスクが床断熱よりもやや高い

→床断熱よりややシロアリリスクが高くなるものの、「細かな金属メッシュを施す」「床下換気システムを導入する」などで低減可能

・換気計画が必要

→部屋から床下まで家中をトータルで換気するため、入念な換気計画が必要なほか、コストもアップしやすい。ただそのぶん床下は外気の影響を受けにくく、快適性が増す

 

いかがでしたでしょうか。

気密性を確保し、計画換気をおこなう基礎断熱は、冬場の底冷えを軽減できるため、青梅エリアに適しています。私たち八幡としても基礎断熱を推奨しておりますが、お客さまのニーズやご要望に合わせて2つの断熱方法を使い分けることが可能です。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

Fグループホーム様

西洋チックな中に和を感じる家

K様邸

土地を活かして過ごしやすいロフトのある家

鉄骨階段の映える家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18