押し入れを片付けやすく! ヴィータスパネル | 株式会社 八幡
押し入れを片付けやすく! ヴィータスパネル
DATE 2021.09.09

押し入れを片付けやすく! ヴィータスパネル

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

 

いきなりですが、「衣装ケースやスーツケース、机や掃除機、お布団など、身の回りにある日用品は、だいたい350mmピッチに収まる」と聞くといかがでしょうか。

実はこれ、かなり的を射ているんです。350mmを意識することで、乱雑になりやすい押し入れをすっきりさせやすくなります。

 

「350mmの法則」を見つけ提唱しているのは、住まい方アドバイザーとして活躍されている近藤典子さん。その近藤さん監修のもと、LIXILさんは「ヴィータスパネル」という商品を開発しました。

 

このヴィータスパネルは、350mmの高さで棚板やパイプといったパーツを取り付けられるようになっていて、ごちゃごちゃしがちな押し入れの整理整頓に役立ちます。奥行きサイズも400mm、600mm、700mmと3サイズ用意されていて、いろいろな押し入れに対応することができます。

 

たとえば、キャスター付き衣装ケースを一番下に置けるようにして、重たいお布団はラクに出し入れできる高さに設定。上段には小箱やバッグなどを置くようにすれば、使い勝手がかなりよくなります。

 

一度にはご説明しきれないほど、ヴィータスパネルには魅力が詰まっています、ぜひ一度ホームページをチェックしていただけたらと思います。もちろん八幡でも、ヴィータスパネルを取り扱うことが可能です。

 

<ヴィータスパネル ホームページ>
https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/vietas_panel/

 

※画像やイラストはLIXILのホームページより引用



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

すまいの中で自然を感じる家

土地を活かして過ごしやすいロフトのある家

色を楽しみ、色を感じる家

リビングとバルコニーが一体化する、全開口サッシのあるお家

木質感やアイアン、タイルの素材感を活かしたお家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27