【あれとこれ比べてみたシリーズ Vol.3/外断熱と内断熱】 | 株式会社 八幡
【あれとこれ比べてみたシリーズ Vol.3/外断熱と内断熱】
DATE 2021.08.19

【あれとこれ比べてみたシリーズ Vol.3/外断熱と内断熱】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

よく似ている言葉だけれども、その内容にはかなり違いがある・・・。住宅用語には、そうしたものが結構あります。

このシリーズでは似ている用語を取り上げてお伝えしていますが、今回は「外断熱と内断熱」についてご紹介いたします。わかりやすく箇条書きにしますので、早速みていきましょう。

 

外断熱とは・・・

→柱の外側でおこなう断熱方法のこと。

 

内断熱とは・・・

→柱の内側(柱と柱の間)でおこなう断熱方法のこと。

 

外断熱のメリットとデメリット

▼メリット

・建物全体を覆うので気密性が高い

・防湿性にすぐれ、結露しにくい

・柱などを含む構造体「躯体(くたい)」まで覆うことができる

 

▼デメリット

・工事が大がかりとなるため費用が高い

・躯体の外に断熱材があるため、害虫被害を受けやすい

・柱の外に断熱材を置くため、居住スペースが狭くなる

・狭小地やデザイン性の高い家には向かない

・耐震性に不安がある

 

内断熱のメリットとデメリット

▼メリット

・短時間で適温に保てるので、エアコン代を節約できる

・外断熱よりも工事費が抑えられる

・柱と柱の間に断熱材を充填するのでデザイン性が損なわれない

・多くの施工会社があり、技術が確立されている

 

▼デメリット

・施工によっては気密性能の低下につながる

・湿気がたまりやすく結露しやすい

・断熱材のない部分では熱が失われる

 

それぞれ一長一短ありますが、躯体を覆える外断熱は鉄筋コンクリートに向いています。一方、一般的な木造住宅では、居住スペース確保や害虫被害を避けるため内断熱が多く用いられています。

また内断熱には技術力が求められますが、経験豊富な専属大工がいる八幡では、精度の高い施工をおこなうことが可能です。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

お客様と細部までこだわり抜いた高性能住宅

ちょっと変わった収納スペースのある家

外構までこだわり抜いた、スキップフロアのあるお家

家事ラクを追求した光熱費ゼロのお家

I様邸

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27