ブログ

ZEHについて

【じわじわ人気のZEHを学ぼう Vol.1・創エネ】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

 

最近はデザイン性や間取りだけではなく、住宅性能に注目される方が増えてきた印象です。なかでも注目を集めているのが、補助金制度がうれしい「ZEH(ゼッチ)」です。
ZEHについてはこれまで何度かご紹介していますが、ZEHとはNet Zero Energy Houseの略で、簡単にいえば「創るエネルギーが使うエネルギーを上回る家」のことです。

 

どうすれば創エネが使用電力を上回るのか? 補助金の詳細は? 注意すべきことは? など、ZEHに関する疑問は多いと思います。
一度に全部をお伝えするとわかりにくいため、今回はZEHの定義の1つである「創エネ」についてご紹介いたします。

 

 

創エネの設備には地熱発電や風力発電などがありますが、家庭でごく一般的に利用されているのが、みなさんもご存じの太陽光発電システムです。
屋根にソーラーパネルを載せたり、特別な機械を設置したりすることで創り出した電力は、自家用として使うことができるほか、余った場合は売ることもできます。

屋根に載せるパネルの大きさや角度、方角などによって発電できる量が変わってくるため、より効率的に電気を生み出すためには経験豊富な工務店に相談することが重要です。

 

今後もZEHに関しては定期的にお伝えしてまいりますので、どうぞお楽しみに。

資料請求 モデルハウス イベント