【スーパーウォール工法の4つの性能】 | 株式会社 八幡
【スーパーウォール工法の4つの性能】
DATE 2021.03.30

【スーパーウォール工法の4つの性能】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡(やはた)です。

わたしたちが採用している「スーパーウォール工法」という工法には、大きく4つの魅力があります。今回は、そちらをダイジェストでお伝えいたします。

 

 

耐震性
壁・床・天井が一体化した箱形の「モノコック構造」は、ジャンボジェット機の技術にも使われています。それを採用することで、大きな外圧がかかっても変形しにくいのです。また「耐力壁」を配置することなども加え、スーパーウォール工法は「耐震等級3」を実現しています。
https://www.yahata-home.com/blog/blog-2260/

 

断熱性
湿気を通しにくい「A種硬質ウレタンフォーム」という素材を使用することで、断熱性をアップ。冬場でも薄着で過ごせるほどの性能があることを証明する、HEAT20の「G2レベル基準」を満たしています。
https://www.yahata-home.com/blog/blog-2265/

 

気密性
家のすき間を表す「C値」。一般の住宅は「C値=5.0」といわれているのに対し、スーパーウォール工法は「C値=0.5以下」を実現。O.5以下とは、100㎡の家にわずか名刺1枚分以下のすき間しかないことを意味しています。一方、C値=5.0は、100㎡の家にハガキ3.5枚分のすき間があることになります。
https://www.yahata-home.com/blog/blog-2273/

 

遮音性
高断熱サッシ複層ガラスの使用、あるいは高気密施工をおこなうことなどによって、高めているのが遮音性です。お子さんが家のなかではしゃいでいても、気にならないというご夫婦は多くいらっしゃいます。
https://www.yahata-home.com/blog/blog-2275/

 

いかがでしたでしょうか。
詳しいことは、過去のブログで紹介しています。気になる性能がありましたら、ぜひチェックしていただけたらと思います。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

三角屋根の白い家

H様邸

ユニバーサルデザインに優れた家

掘りごたつ、ロフト、思いの底から楽しむ家

日差しが入る白い落ち着いた家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27