【本当に快適な家とは】 | 株式会社 八幡
【本当に快適な家とは】
DATE 2021.02.16

【本当に快適な家とは】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。

 

今回は「本当に快適な家」について、冷暖房の面から考えてみたいと思います。

「吹き抜けがあると冷暖房が効きにくい」「できるだけ部屋の扉は多くして、熱を逃げないようにしたほうがよい」このように考えてらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし冷暖房効率を高めるために吹き抜けをあきらめたり、部屋ごとにエアコンを効かせるというのは、少し古い考え方だと私たちは思っています。現在では断熱性能にすぐれた建築資材や、気密性を高めるためのさまざまな道具や技術が開発されていて、“家を丸ごと温めるという考え方が主流になりつつあります。

 

 

“家を丸ごと温める”ためには、扉や間仕切りはできるだけ少ないほうがよく、空間はつながっているほうが逆に良いのです。また吹き抜けも、以前は室内の快適性を妨げる要因として捉えられていましたが、今では吹き抜けを設けても室内を適温に保つことができるようになっています。

 

“家を丸ごと温める”であればエアコンの台数を減らすことができ、エアコンの購入費や電気代の削減にもつながります。

 

私たち八幡も「スーパーウォール工法」という特別な工法によって、“家を丸ごと温めるを実現。多くのご家庭から「快適で住み心地が良い」とのお言葉をいただいております。


同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

<終了>【耐震等級3で超気密性能】練馬区で32坪の3階建て5LDK+防音室がある家の完成見学会を開催!

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

大人な色合いが落ち着きを醸し出す家

A様邸

一味違う、まるで真っ白いキャンパスのようなお家

スロープで生活が安心できる家

梁がオシャレな家

OTHERS

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28

ガルバリウム鋼板の外壁の色はどのようなものがある?ガルバリウムの特性と併せてご紹介!

DATE 2024.04.23