【開放的な空間づくりのコツ】 | 株式会社 八幡
【開放的な空間づくりのコツ】
DATE 2021.01.14

【開放的な空間づくりのコツ】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。

 

住まいはキュウキュウに詰まった空間より、やはり余裕があったほうが暮らしやすさは高まります。

また、同じ敷地であっても工夫次第では開放感を出すことも可能。今回はそうした空間づくりのコツをお伝えいたします。

 

開放感を生み出す方法としては、吹き抜けにしたり、目線の高さに大きい窓を設けたり、床から天井までがドアとなった「ハイドア」を採用するなどがあります。

ほかにもキッチンをアイランド型にする、スケルトン階段にする、廊下を少なくする、といったことも有効です。

 

 

1階であればウッドデッキをつくるのもいいですし、2階であればベランダとリビングを一体化させるのもオススメです。窓を開ければベランダまでもがリビングのように感じられ、開放感は抜群です。その際、ベランダを少し高くして、外からの視線をさえぎるのがポイント。リビングにまで人の目が届かないようにすれば、リラックスして過ごせます。

 

 

もう1つオススメの方法として、部屋の仕切り方があります。部屋はできるだけ大きく仕切ったほうが広く感じられます。ただ問題となるのが、耐震性や断熱性といった性能の面。また部屋を広くすると柱が少なくなり、空調も利きにくくなります。

 

そこで私たち八幡が導入しているのが「スーパーウォール工法」です。この工法は、航空機にも採用されている「モノコック構造」で耐震性を高めているほか、「硬質ウレタンフォーム」で断熱性を上げているため、空間を広くとっても住まいの安全性や快適性は保たれるのです。

 

 

ここではお伝えしきれないですが、開放感を高めるためのノウハウはまだまだあります。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

土地を活かして過ごしやすいロフトのある家

ブラウンな小屋裏のある家

広いデッキのある平屋建ての家

壁紙であそぶ家

大人な色合いが落ち着きを醸し出す家

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28