【―冬場でも薄着で生活できるレベル― スーパーウォール工法のヒミツ②・断熱性】 | 株式会社 八幡
【―冬場でも薄着で生活できるレベル― スーパーウォール工法のヒミツ②・断熱性】
DATE 2020.11.10

【―冬場でも薄着で生活できるレベル― スーパーウォール工法のヒミツ②・断熱性】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。

私たちが採り入れているスーパーウォール工法の優位性と、それがなぜ実現できるのか、お伝えしております。今回は「断熱性」についてです。

 

スーパーウォール工法で使用している断熱材は、「硬質ウレタンフォーム」というものです。硬質ウレタンフォームは小さな硬い泡(セル)が独立した気泡となっていて、湿気を通しにくい構造となっています。

 

またセルのなかは「HFOガス」というもので満たされているため、グラスウールのおよそ2倍という、高い断熱性能を発揮。ちなみにHFOガスは地球温暖化係数が代替フロンの1/1000で、地球環境にやさしいノンフロンガスです。

 

 

また先頃、硬質ウレタンフォームに改良を加え、A種硬質ウレタンフォームを使用することとなりました。これによって湿気をより通しにくくなり、断熱性能がアップしています。

 

 

またスーパーウォール工法は、「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」、通称「HEAT20」が定めるG2レベルを基準に設定。G2レベルは冬場でも薄着で過ごせるほどの断熱性能を意味しているんです。

 

次回は「気密」についてお伝えします。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

壁紙であそぶ家

三角屋根の白い家

太陽光で発電しながら暮らしを楽しむ家

広々とした2階リビングのロフトのあるお家

広い天井の平屋建ての家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27