ブログ

住宅

【うそ! 光熱費0円のホントのお話④】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。光熱費0円という、誰もがあこがれるおうちについてお伝えしています。

 

ここで、ダウンジャケットをイメージしてみてください。ふわふわしたダウンが外気を伝えにくくして、ジャケット内の熱を内側に留めてくれますよね。この、外気の影響を受けないようにする「断熱性」が温かさを保つうえで、まず1つ大事なことです。

 

そしてもう1つ大事なのが、熱を外に漏らさない「気密性」です。たとえ高級なダウンを使っていても、ジャケットのチャックをしっかり閉めなかったら冷たい空気が入ってきて、温かさは保てません。つまり断熱性と気密性を一緒に高めることで電気を無駄に使うことがなくなり、ひいては光熱費0円の家となるのです。

 

私たち八幡は「スーパーウォール工法」という工法を採用しており、高気密・高断熱の家をつくることが可能です。少し専門的な話になりますが、「C値」という気密性を表す値があって、一般的な高気密住宅の目安は2.0なのに対し、当社ではそれを上回る0.5以下を基準としています。

 

 

さらには一邸一邸の気密測定を実施し、C値を確認。それを性能報告書としてお客様に提出しています。

 

次回は実際にスーパーウォール工法で建てた家の電気代が、どのようになっているのかをご紹介します。

どうぞお楽しみに。

資料請求 モデルハウス イベント