ブログ

その他

【あなたの街シリーズVol.12 西多摩郡瑞穂町】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。

 

多摩地区の街を紹介しているこのシリーズ。今回は西多摩郡瑞穂町をピックアップいたします。瑞穂町はこれまでにご紹介した福生市や羽村市、武蔵村山市、そして私たちのホームタウン青梅市などに囲まれていて、人口は約32,600人です。

 

 

青梅街道と日光街道が交差する宿場町として栄えた瑞穂町は1940年、いくつかの町が合併して誕生。町名はなかなか決まらなかったため、日本の古来の呼び名にちなんで名付けられたそうです。

 

関東の富士見百景にも選定されている瑞穂町の特産品は、お茶です。都内でお茶ができること自体驚きですが、甘みとコクのある渋みがミックスした濃厚な味は、「狭山火入れ」という独自の製法によって生まれるということです。

 

子育て世帯にとって気になる助成制度ですが、「乳幼児医療費助成」「義務教育就学児医療費助成」「ひとり親家庭医療費助成」などがあります。各助成に共通しているのは、通院の場合のみ1回につき200円を支払えば済むということ。お子さんの具合が悪くなった場合でも、安心して病院に通うことができそうです。

 

残念ながら住宅に関する補助などはありませんが、ほかにもいろいろと支援があるため、ぜひホームページで確認してみてください。
http://www.town.mizuho.tokyo.jp/index.html

資料請求 モデルハウス イベント