【扉の種類とトレンド】 | 株式会社 八幡
【扉の種類とトレンド】
DATE 2020.04.14

【扉の種類とトレンド】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。

 

今回は扉の種類についてお伝えします。

ごく一般的に使用されるのが開き戸引き戸」です。手前に引いたり奥に押したりするのが開き戸、横にスライドさせるのが引き戸です。引き戸のほうが使いやすいのですが、スペースが必要なため、何を優先順位にするかによって、使う扉の種類は変わってきます。

 

また、クローゼットは「折れ戸」を使うことが多く、開放させるとなかの荷物を出し入れしやすくなります。ほかにもペットが出入りする「ペットドア」のほか、「両開き」といった扉もあります。

 

標準的な住宅の天井高は240cmで、開き戸や引き戸は200cmが主流です。ただ、そうすると「垂れ壁」という40cmの壁が上にできてしまいます。そこで最近人気なのがハイドア」というものです。

 

 

ハイドアは開き戸にも引き戸にもあるのですが、特徴は240cmすべて扉で、垂れ壁が生まれないということ。空間を広く感じられたり、光をたくさん通すほか、何より高級感があります。

 

 

一方、クローゼットの折れ戸は標準的なものでも、230cmと高いのが一般的です。

 

さらに最近のトレンドとして、開き戸の取っ手に握り玉人気が復活しつつあります。扉ひとつとっても、さまざまなテイストのものが増えてきていますので、選ぶ楽しさもあります。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

2階リビングの情景にこだわったお家

吹抜けから光を取り入れる家

天井までこだわりぬいた家

LDKを仕切れる家

H会計事務所様

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28