【350mmの法則 〜近藤典子さん収納セミナーより〜】 | 株式会社 八幡
【350mmの法則 〜近藤典子さん収納セミナーより〜】
DATE 2020.04.07

【350mmの法則 〜近藤典子さん収納セミナーより〜】

多摩エリアを中心に家づくりを手がけている工務店 八幡やはた)です。

 

いよいよ4月に入りました。

年度が変わったことで、気持ち新たに仕事をされている方も多いと思います。

 

以前、住まい方アドバイザーの近藤典子さんを招いておこなわれた「収納セミナー」に、当社スタッフも参加したことをお伝えしました。その際に学んだことを、2回にわたってお届けします。

 

【収納セミナーレポート】:https://www.yahata-home.com/blog/blog-1772/

 

収納スペースはとりあえず場所さえあれば大丈夫、というわけではありません。

LDKや寝室などに気を取られてしまい、収納用にとりあえずスペースだけ確保したけど、

「うまく収納できない‥‥」、「持っている荷物に対して収納スペースが足りない‥‥」

といったことでは想像していた快適な暮らしとはほど遠くなるかもしれません。

 

持ち物は、結婚初期・子育て期・シニア期などと、ライフステージの変化によって大きく変化していきます。人が収納スペースに合わせて暮らすと大変ですが、反対に暮らしに合わせて収納スペースを変化させていくと、上手に活用できます。

 

近藤さんが提唱されているのが、「350mmの法則」というものです。

 

 

実は、私たちの持ち物の多くは、350mmを基準にすると収納しやすいのだそうです。

「本当にそんな便利なことあるの?」とお思いの方、ぜひご期待ください! 

 

次回は「350mmの法則」について詳しくお伝えいたします。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

日差しが入る白い落ち着いた家

高低差を使い部屋に個性をつくりだすお家

スペースを無駄なく活かす家

モダンデザインな保育園

小屋裏のある平屋建ての家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27