【屋根について考える(後編)】 | 株式会社 八幡
【屋根について考える(後編)】
DATE 2020.02.11

【屋根について考える(後編)】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

前回に引き続き、屋根についてお伝えします。今回は屋根の材質についてです。

早速みていきましょう。

 

【屋根について考える(前編)】:https://www.yahata-home.com/blog/blog-1723/

 

スレート 価格◎ 耐久性△ 耐震性○

現在、主流の屋根材の1つがスレートです。スレートとは、セメントに繊維素材を混ぜて板状に加工したもので、瓦よりも軽量で安価です。一般的には10年前後で塗り直しが必要ですが、以前に比べると耐久性が高くなっているものも出ています。

 

ガルバリウム鋼板 価格○ 耐久性○ 耐震性◎

アルミニウム、亜鉛、シリコンからなる鋼板で、耐久性と防水性に優れているのが特長。勾配が非常に緩やかな屋根に最適です。10年〜15年で塗り直しが必要ですが、塗り直せば長く使うことができます。

 

瓦 価格× 耐久性◎ 耐震性×

塗装によるメンテナンスは不要なうえ、耐久性が高いという特徴がありますが、半永久的に使えるとまではいきません。また重量があるため、耐震性に不利に働くのが弱点なほか、価格も比較的高めです。

 

当社オススメの屋根材 価格△ 耐久性◎ 耐震性◎

ガルバリウム鋼板に粉々にした天然石チップをまとわせている、LIXILさんの「Tルーフ」という商品です。耐久性にすぐれているほか、軽くてメンテナンス性が高いので人気です。

 

このほかにも、さまざまな工夫を凝らした屋根製品があります。一言に屋根といってもいろいろですので、メンテナンス性能や重量、見た目などをよく吟味して選ばれることをオススメします。




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

広々としたウッドデッキとバルコニー、アウトドアを楽しむお家

白の金属サイディングに木目が映える北欧スタイルのお家

モノクロな室内と屋上のある家

内装のダークブラウンが映える家

O様共同住宅

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28