【屋根について考える(前編)】 | 株式会社 八幡
【屋根について考える(前編)】
DATE 2020.02.06

【屋根について考える(前編)】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

今回と次回にわたり、改めて家の屋根について考えてみたいと思います。前編となる今回は、形状についてです。

 

切妻(きりつま)屋根

合掌造りといえば、その形状をイメージしていただきやすいでしょう。日本人にとって馴染みのある、山形の屋根です。メンテナンスが比較的簡単である一方、屋根がかかっていない側面の壁は日光や雨水にさらされ、劣化しやすいという弱点があります。

 

寄棟(よせむね)屋根

切妻屋根は2方向にのみ屋根があるのに対し、寄棟屋根は4方向に屋根を持つ形状です。4方向から支え合っているため、耐風性が高いのがメリットです。ただ、屋根が合わさる部分で雨漏りが発生するリスクが、ほかの屋根に比べて高くなります。

 

片流れ屋根

家全体を斜めの屋根で覆った形状です。ちょうど切妻屋根の山の半分を、残したようなカタチです。デザイン性が高く、屋根裏の空間も確保しやすいのが特徴です。しかし雨が降ると一面にのみ雨水が集中するため、大雨のときには特に注意が必要です。切妻や寄棟に比べると風圧を受けやすい形状のため、しっかり構造計算をする必要があります。

 

陸屋根

屋根が平らになった形状のものを指します。屋根に勾配がほとんどないため、屋上として使うことができます。ただし水が流れず溜まるため、しっかり防水工事をする必要があります。そのためコストが高くなるほか、メンテナンスの必要性があります。現在、一般住宅では少ない屋根形状ですが、ビルやマンションでは多く見られ、屋上を望まれる方には向いています。

※こちらの画像はイメージです




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

A様邸

多方向から光を取り入れるLDKの家

掘りごたつ、ロフト、思いの底から楽しむ家

一味違う、まるで真っ白いキャンパスのようなお家

シンプルな玄関ドアの家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18