【バレンタイン目前にキッチンを考える】 | 株式会社 八幡
【バレンタイン目前にキッチンを考える】
DATE 2020.02.04

【バレンタイン目前にキッチンを考える】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

10日後はバレンタインですね。お子さまと一緒にチョコレートを手作りするご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回はキッチンに焦点を当て、さまざまな種類や特徴などをご紹介します。

 

アイランドキッチン

対面型キッチンの1つであるアイランドキッチンは、調理スペースやシンクなどが独立しています。空間が開放的で数人でも作業しやすいほか、なんといってもコミュニケーションを取りやすいのが大きな利点です。

ただ、動線が優れている反面、キッチンを独立させるためのスペースが必要になります。また水や油が飛びはねやすい、ニオイが拡散しやすいというデメリットがありますが、汚れを防ぐパネルを設置したり、換気システムを確保したりすることで、ある程度防ぐことができます。

 

ペニンシュラキッチン

キッチンの左右どちらかが、壁に接している対面型キッチンです。壁付けタイプよりもカウンターの奥行きが広く、イスを並べてバーやカフェのような空間にすることができます。両サイドに通路をつくる必要のあるアイランドキッチンに比べると、ペニンシュラキッチンはスペースが小さくて済むという利点があります。

 

I型キッチン

調理台、シンク、コンロが横一列に並び、壁に付いているタイプのキッチン。シンプルなこのキッチンは比較的省スペースで済むことから、日本の住宅で多く取り入れられてきました。デメリットとしては、横長になると動線が悪くなることが挙げられます。

 

L型キッチン

同じく壁につけるタイプで、「I」ではなく「Lの字になっているタイプのキッチンです。Lの一面を対面式にできるほか、動線がよいのが特徴です。その反面、I型からL型に変更するにはより広いスペースを確保する必要が出てきます。

 

お客さまのご希望やライフスタイルによって、最適なキッチンは変わってきます。

実際にさまざまなキッチンを見比べて、検討されるのがオススメです。



モデルハウス

同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

<終了>【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

ナチュラルカラーで落ち着く暮らしやすい家

窓の多い日当たり良好な家

無垢材によって生まれる高級感と安心感のあるお家

掘りごたつ、ロフト、思いの底から楽しむ家

一味違う、まるで真っ白いキャンパスのようなお家

OTHERS

これからの住宅業界で重要な断熱性能とは?断熱性能は住人の健康を守る?

DATE 2024.07.12

吹き抜けリビングで後悔した失敗とは?対策と重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.07.08

耐震等級3相当と耐震等級3の違いは?どちらがいいの?

DATE 2024.07.04

小屋裏収納(屋根裏収納)はおすすめ?メリットやデメリットをご紹介!

DATE 2024.07.02

後悔しない玄関タイルの色の選び方!素材にも注目しましょう!

DATE 2024.06.29

気密性の高い家のメリットとは?カビや結露にも関係ある?

DATE 2024.06.27