【新築費用の一部を都が助成してくれる「東京ゼロエミ住宅」】 | 株式会社 八幡
【新築費用の一部を都が助成してくれる「東京ゼロエミ住宅」】
DATE 2019.09.17

【新築費用の一部を都が助成してくれる「東京ゼロエミ住宅」】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

みなさんは、SDGsエスディージーズという言葉を耳にしたことがありますか?? これは2030年までの国際的な目標で、持続可能な開発を目的としたものなんです。教育や貧困、環境などいろいろな分野があり、大きくは17の目標が掲げられています。

 

一方、東京都も、2030年までの家庭部門におけるエネルギー消費量を、2000年より30%削減する目標を掲げているんです! こちらはあまり知られていないかもしれませんね。この目標を達成するには、断熱性能を高めるなど、住宅そのものの省エネ化を進めることが大切です。

 

そこで東京都は今年から、住宅の省エネ性能などをより向上させることを目的に、「東京ゼロエミ住宅」なるものを取り決めました! この東京ゼロエミ住宅を普及させることで、家庭のエネルギー消費量を削減していこうとしているんですね。

それでは、この目標が一般の人たちにどう関わってくるのか・・・? というと、省エネ性能の高い住宅を建てた際の費用の一部を、なんと都が助成してくれるんです!! これはかなりうれしいですよね♪ 助成金の金額は戸建住宅の場合、1戸につき70万円となっています。

 

高気密・高断熱住宅スーパーウォール工法」を採用している八幡であれば、この助成を受けられる可能性が高まります☆ ただ、かなりの高性能化が求められるので、しっかりとした対策が必要です。詳しいことをお聞きになりたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください! みなさまの理想を叶えながら助成金も得られるよう、プロの視点からしっかりバックアップいたします!!


同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

<終了>【耐震等級3で超気密性能】練馬区で32坪の3階建て5LDK+防音室がある家の完成見学会を開催!

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

天井までこだわりぬいた家

広い天井の平屋建ての家

雨の日も大丈夫!ガレージのあるクールな家

白の金属サイディングに木目が映える北欧スタイルのお家

無垢材による木のぬくもり、屋上付のお家

OTHERS

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28

ガルバリウム鋼板の外壁の色はどのようなものがある?ガルバリウムの特性と併せてご紹介!

DATE 2024.04.23