【効率的な導線で過ごしやすい3階建ての家 Vol.2】 | 株式会社 八幡
【効率的な導線で過ごしやすい3階建ての家 Vol.2】
DATE 2019.05.30

【効率的な導線で過ごしやすい3階建ての家 Vol.2】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

前回に引き続き、Sさま(府中市)のお宅をご紹介します。

 

【効率的な導線で過ごしやすい3階建ての家 Vol.1】
https://www.yahata-home.com/blog/blog-1228/

 

当たり障りのない間取りよりも、個性的な間取りを希望されていたSさま。1階に水回り、2階にLDKを設け、3階には寝室、子ども部屋、WICをもっていくことにしました。

 

 

各部屋に収納をつくるのではなく、3階にWICを設置することで、広さを確保しています。また、WICをプランニングする際には現在の荷物だけでなく、今後増えそうな荷物もしっかりヒアリングし、永きにわたってすっきりと暮らせるよう配慮しました!

 

3階には、タバコを吸うご主人のためにベランダを用意。床は「グレーチング」といって、格子状の鋼鉄製素材を用いることで、通風性と採光性を実現しています。また室内の階段は、キューブ状・ブラックの外観との統一感が出るよう、鉄骨階段を採用しました。

 

 

 

Sさまは、いいことも悪いことも、思ってらっしゃることを率直にお話しいただけたため、よりご希望に沿う住まいができました。


同じカテゴリの注目記事

イベント情報

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

<終了>【耐震等級3で超気密性能】練馬区で32坪の3階建て5LDK+防音室がある家の完成見学会を開催!

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

モノクロな室内と屋上のある家

天井高が交流を生み出す家

オープンキッチン&吹抜で開放感あふれるお家

壁紙により統一感を生み出す家

家事ラクを追求した光熱費ゼロのお家

OTHERS

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28

ガルバリウム鋼板の外壁の色はどのようなものがある?ガルバリウムの特性と併せてご紹介!

DATE 2024.04.23