【光熱費ゼロを目指す YAHATA ZERO FIRST パート①】 | 株式会社 八幡
【光熱費ゼロを目指す YAHATA ZERO FIRST パート①】
DATE 2019.04.04

【光熱費ゼロを目指す YAHATA ZERO FIRST パート①】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

総務省の家計調査によると、二人以上が暮らす世帯の2018年の水道光熱費は、1世帯あたり年間約264,000円。1か月に換算すると平均約22,000円となっています。

 

毎月22,000円を余分に使えたら・・・・・・。

家族でおいしい焼肉を食べに行ったり、夫婦で映画を毎週観に行けたり、車の買い換えに充てられたりと、暮らしが豊かになりますよね!

 

「できるだけ光熱費は抑えたい!」というみなさまに対し、私たちは光熱費ゼロを目指す「YAHATA ZERO FIRST」というプランをご提案しています。7つの工夫でそれを実現していますので、今回と次回にわたり、順番にご紹介していきます。

 

【「YAHATA ZERO FIRST」7つの工夫】

スーパーウォール(SW)工法

スーパーウォールという高性能な住宅工法を採用するだけでなく、高性能サッシ、高性能玄関ドアを入れることで高断熱を実現。また気密測定もおこなっており、C値0.5以下という気密性で空調の効き目を高めます。

 

熱交換型24時間換気システムの採用

熱回収率90%の「エコエア90」という高性能な換気システムで、空気を入れ換える際に逃げるエネルギーロスを熱交換で削減します。

 

1つの技術や設備に頼るのではなく、7つもの工夫を採り入れることで光熱費ゼロを目指すYAHATA ZERO FIRST。あとの5つにつきましては、次回お伝えします。どうぞお楽しみに!

 




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【福生市】C値0.1の高性能な31坪の二階建ての構造見学会

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

スロープで生活が安心できる家

白い階段の家

いろいろな収納ができる家

H様邸

効率的な動線で過ごしやすい三階建ての家

OTHERS

床下エアコンで思う後悔とは?後悔しないためのポイントも紹介!

DATE 2024.06.13

マグネット壁のデメリットとは?家づくりの参考に!

DATE 2024.06.10

和モダンな平屋の間取りとは?和モダンな雰囲気を演出するための工夫とは?

DATE 2024.05.30

共働き世帯の注文住宅の間取りでおすすめは?家事が楽になる間取りもご紹介!

DATE 2024.05.27

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18