【大地震に負けない家づくり】 | 株式会社 八幡
【大地震に負けない家づくり】
DATE 2019.03.19

【大地震に負けない家づくり】

こんにちは! 

多摩エリアを中心に家づくりを行なっている青梅の工務店 八幡やはた)です。

 

いつ起こるかわからない地震。

家づくりを検討する際には、地震に強い家を建てることができるのか、住宅会社をじっくり見極める必要があります。

 

私たち八幡が採用しているのが「スーパーウォール工法(SW工法)」という工法。

スーパーウォール工法の大きな特長の1つが、壁・床・天井が一体化した「モノコック構造」です。モノコック構造とは、航空機や自動車のボディ技術から発達した構造であり、外側からの大きな圧力にも変形しないという強靱さが自慢です。

(HP:性能・構造より→https://www.yahata-home.com/guide/performance/

 

モノコック構造は、建物全体に圧力を分散します。柱と柱の接合部分といった弱い箇所に圧力が集中しにくいため、倒壊を防ぐだけでなく、ひずみや狂いも生じにくいのです。

 

また、スーパーウォール工法で採用する壁パネルは、構造用合板OSBと断熱材を一体化しており、建築基準法で木造最高レベルとなる、「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現しています。この壁パネルを、壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、耐力壁を効率よく配置することができ、大地震に負けない家を生み出すことができるのです。

 

スーパーウォール工法の実力は、これまで発売以来「全壊0」(1994年〜2013年10月までリクシル調べ)という実績に如実に表れています。

(LIXIL:HPより引用→https://www.lixil.co.jp/lineup/construction_method/sw/function/airtight.htm




同じカテゴリの注目記事

イベント情報

【新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の完成見学会

<終了>【八幡の新モデルハウス】C値0.16の驚愕の性能を持ったスーパーウォール工法の家の構造見学会

<終了>【日野市・38坪】断熱等級5相当の専属大工が建てる家の構造見学会

<終了>【練馬区・34坪】C値0.29の超気密住宅、専属大工が建てる家の完成見学会

  • SHARE:

GURURIHOUSE

人気の建築事例

中も外もカラフルな家

A様邸

階段がコンパクトの家

広々としたリビングで理想の暮らしができるお家

日差しが入る白い落ち着いた家

OTHERS

多摩エリアの住みやすい街は?おすすめの街と子育てに向いている理由をご紹介!

DATE 2024.05.25

新築のバルコニーの広さはどうすればいい?家族構成など何を基準に考えればいいの?

DATE 2024.05.18

間取りの階段の位置はどのようなことに気をつければいい?マイホーム計画で重要なポイントをご紹介!

DATE 2024.05.12

ヒートショックのリスクを下げるために必要な家の性能とは?

DATE 2024.05.08

アイランドキッチンと対面キッチンの違いとは?それぞれの特徴も合わせてご紹介!

DATE 2024.04.30

24時間換気建築基準法とは?戸建で換気が重要な理由もご紹介!

DATE 2024.04.28